« 丸源@茨木 | トップページ | NOOODLES@クアラルンプール »

2010年10月25日 (月)

バンコク市内観光

バンコク市内観光で外せないのは王宮周辺エリア

Dscn7606

当初、BTS(モノレール)とタクシーで行く予定でしたが
効率よくまわりたいので朝、ホテルのツアーデスクを
訪ねたところ英語の市内ツアー料金が1000Bとの事
日本語の市内半日ツアーの方が安いらしいので
ウェンディーツアーに電話して午後の半日ツアーを
依頼しました。寺院の入場料込みで一人900Bです。

ワット・プラケオの入場料が350B(外国人料金 高い!)
ワット・アルン、ワット・ポーの入場料が各50Bなので
3寺院をまわるだけで450B必要です。

僕ら二人の為だけにガイドとドライバーが付くことを
考えるとリーズナブルですね。

流暢な日本語を話す織田裕次似のタイ人ガイドが
アテンドしてくれました。

Dscn7610

最初に王室専用寺院のワット・プラケオに行きました。
結構、広いので効率よくまわるにはガイドがありがたい。
豪壮な建築群を見てまわり本堂のエメラルド仏にお参り
しました。

Dscn7630_2

王宮見学の後は渡し船で“暁の寺”ワット・アルンへ
三島由紀夫の小説で有名な寺です。

Dscn7632

仏塔に登ることも出来ますが傾斜は急です。

Dscn7639

仏塔の上から見る対岸の王宮の眺めもまた格別

Dscn7659

最後にワット・ポー 寝釈迦仏(リクライニング・ブッタ)と
タイ古式マッサージの総本山として有名な寺です。

Dscn7646_2 

全長45mの巨大な寝釈迦仏は迫力十分!

« 丸源@茨木 | トップページ | NOOODLES@クアラルンプール »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523577/50115325

この記事へのトラックバック一覧です: バンコク市内観光:

« 丸源@茨木 | トップページ | NOOODLES@クアラルンプール »